2005年 01月 13日 ( 1 )
ナビプラグイン 0.25
ナビプラグイン 0.25が本日公開されました。
ナビプラグインって何でしょうか。と、言われそうな名前のプラグインですが・・・

HTMLのlinkタグってご存知でしょうか。
スタイルシートを指定するために使うタグですね。faviconアイコンの指定にも使うかな。
最近では、RSS Auto-Discovery に利用されたりもしています。

実はこのlinkタグ、サイトナビゲーションに関する情報を指定することができます。
マニュアルを記述したサイトに利用されることが多いようで、トップ、上、前、次、最初、最後などへ移動するためのURLが指定されています。
それ以外にも情報を示すことができますが、詳しくはHTMLの仕様を参照してください。

ナビプラグインはlinkタグの情報を解析して、ナビゲーション情報をメニューとして表示するプラグインです。
b0040423_0171167.jpg
画面イメージから分かるように閲覧中のページからのナビゲーションが可能です。
ナビプラグインは以下の情報をサポートしています。勿論、閲覧中のページに正しくlinkタグが記述されている必要があります。
・トップ
・上へ
・前へ
・次へ
・最初へ
・最後へ
・目次
・索引
・検索
・用語集
・付録
・ヘルプ
・著作権情報

これだけの情報を表示する必要があるため、UI的にはプルダウンメニュー形式になっていますが、次へ、次へと進むときに毎回プルダウンメニューを表示するのも面倒ですよね。
そのため、ナビプラグインのモジュールには、以下の3種類の単体プラグインも含まれています。
・上へナビプラグイン
・前へナビプラグイン
・下へナビプラグイン

この3つのプラグインは、ボタンをクリックするだけで移動することができるので、よく使う操作はこちらのプラグインを利用した方がいいかもしれません。
ただ残念なのは、linkタグによるナビゲーションをサポートしたサイトが少ないということです。

私が頻繁に閲覧するPHPのマニュアルサイトはいくつかのlinkタグがサポートされているので、動作を確認してみるにはいいかもしれません。

[ご参考サイト]
link要素の使い方 - The Web KANZAKI
PHP マニュアル
[PR]
by marineprojects | 2005-01-13 11:34 | プラグイン